ヒーリング効果

ちょっと前までルーシーダットンという言葉を全然聞かなかったのに、今では色んなところで宣伝されていて、口コミでも広がっています。それも実際にしてみて、納得(^^)

ルーシーダットンは無理なポーズを取ることはないから疲れにくいし、ヒーリング効果もあるとなると人気がでるはずです。
きちんとしたインストラクターもあって、スクールもあるから安心度が高いのも魅力ですね!

彼氏から、体型について言われたのがきっかけのようなものですけど、ルーシーダットンを始めてから、「活動的になった」とも言われました♪

健康と医療 関連情報

 神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。 国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)にくも膜下出血で入院中の40代男性が29日、臓器移植法に基づく脳死と判定された。30日午後から臓器の摘出が始まる予定。97年の法施行後、75例目の脳死判定で、臓器移植としては74例目。日本臓器移植ネットワークによると、心臓は国立循環器病センター(大阪府吹田市)で40代男性、両肺が岡山大で10代女性、肝臓が大阪大で50代男性、腎臓は東京女子医大の30代男性、もう片方の腎臓と膵臓(すいぞう)は広島大で40代女性に移植される見通し。  この日は午前11時からのオープニングセレモニーで幕を開けた。自らがんと闘いながら準備を進めてきた金子明美・実行委員長(40)は「参加する患者さんに喜んでもらえるイベントにしたい。成功させるために終わるまで気が抜けません」と話した。リレー中はキャンドルに火をともし、がんで亡くなった人をしのぶ「ルミナリエ」などが開催される予定だ。 がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。