内装

家を買うとなると、外装以上に気掛かりなのが内装だと思う
直接は、内装に包まれて暮らしますからね。
内装の質が悪いと、生活そのものが台無しになりそうな気がしるまた、不便を強いられることもあるでしょうしね・・・。

アイダ設計の建売の内装の様子などについて調べてみた。
おいどんが調べたアイダ設計の建売のスタイルは以前に書いた「アイハース」と「スプレーゼ」だね。
個人的に一番気になる住宅スタイルだので・・・。
その前においどんがアイダ設計の建売に期待していた内装設備について。

・二重窓・サッシに結露対策があるかどうか
・防犯などのセキュリティ対策
・ウォシュレットなどの機能トイレ
・収納の豊富さ
・床暖房
・手入れのしやすいシステムバス
・システムキッチン
・通気性の良さ
・断熱性の良さ
・内装全体の丈夫さ、汚れにくさ、手入れのしやすさ
・内装のデザインの美しさ

どうせ家を買うなら、ちょっとオファーが細かいようだが、これくらいを求めたいところだね。
一生物だから、後悔はしたくありませんので・・・。
ただ、なるべくなら安いほうがよいのも事実だので、アイダ設計がこの条件のどれくらいを満たしているのかが気になったのだ。

お役立ち 関連情報

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は18日、ユニオンバンカル・コーポレーション(UNBC)の完全子会社化をめぐり提示していた株式公開買い付けの価格(TOB価格)を1株63ドルから73.50ドルに引き上げることで、UNBCと合意したと発表した。 当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。 米国では少数株主を保護する考え方が強く、支配株主が少数株主を排除するTOBを実施する際は、特別委員会が少数株主の利益を代表して支配株主と価格交渉をすることが一般的だ。今回は発行済み株式の65%を保有する三菱UFJに対し、UNBCの特別委員会が反論した格好となった。低気圧や前線の影響で24日、大気の状態が不安定となり、東海を中心に局地的な大雨となった。気象庁は、東海や東北は25日も雷を伴って大雨となる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。静岡県の御前崎で1時間に48・5ミリの激しい雨が降り、この地点の8月としては観測史上最多を記録したほか、三重県の鳥羽で時間雨量54・5ミリ、伊豆諸島の神津島で40・0ミリを観測。東北や関東甲信でも雨脚が強まった。