内装

家を買うとなると、外装以上に気掛かりなのが内装だと思う
直接は、内装に包まれて暮らしますからね。
内装の質が悪いと、生活そのものが台無しになりそうな気がしるまた、不便を強いられることもあるでしょうしね・・・。

アイダ設計の建売の内装の様子などについて調べてみた。
おいどんが調べたアイダ設計の建売のスタイルは以前に書いた「アイハース」と「スプレーゼ」だね。
個人的に一番気になる住宅スタイルだので・・・。
その前においどんがアイダ設計の建売に期待していた内装設備について。

・二重窓・サッシに結露対策があるかどうか
・防犯などのセキュリティ対策
・ウォシュレットなどの機能トイレ
・収納の豊富さ
・床暖房
・手入れのしやすいシステムバス
・システムキッチン
・通気性の良さ
・断熱性の良さ
・内装全体の丈夫さ、汚れにくさ、手入れのしやすさ
・内装のデザインの美しさ

どうせ家を買うなら、ちょっとオファーが細かいようだが、これくらいを求めたいところだね。
一生物だから、後悔はしたくありませんので・・・。
ただ、なるべくなら安いほうがよいのも事実だので、アイダ設計がこの条件のどれくらいを満たしているのかが気になったのだ。

お役立ち 関連情報

韓国で国家保安法違反の罪で27日に起訴された北朝鮮工作員の元正花被告。日本での永住権を得るため、日本人男性との結婚を図っていたことが、韓国検察当局などの合同捜査本部の調べで30日までに明らかになった ベルギー南部のフルリュスの国立放射性物質研究所で放射性物質を含むガス漏れ事故があり、当局は29日、町民約2万人に対して周辺地域で採れた野菜や牛乳などの摂取を控えるよう警告した。同国国内の原子力関連の事故としては過去最悪という。 「負けたけど、頑張ったね」 「結果は出なかったけど、いいプレーをしていたよ」 スポーツをめぐって、こんな会話がされることは珍しくない。 だがこの男にとっては、「結果がすべて」である。決勝戦後のミックスゾーンで、石井慧はこう言い放った。 「だって決勝でいい試合していても、残り10秒で逆転されたら意味ないじゃないですか」 アフガニスタンで殺害された「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)の遺体を乗せた民間機が30日夕、愛知県の中部国際空港に到着した。静岡県掛川市の実家から父正之さん(60)ら家族が空港で出迎え、悲しみの対面。両親は記者会見し「遺体に『お帰り』と声を掛けてあげたい」と話した。遺体は同日夜、浜松医科大に移され静岡県警が司法解剖、誘拐・殺人事件捜査対策室を設置して捜査を進める。