内装

家を買うとなると、外装以上に気掛かりなのが内装だと思う
直接は、内装に包まれて暮らしますからね。
内装の質が悪いと、生活そのものが台無しになりそうな気がしるまた、不便を強いられることもあるでしょうしね・・・。

アイダ設計の建売の内装の様子などについて調べてみた。
おいどんが調べたアイダ設計の建売のスタイルは以前に書いた「アイハース」と「スプレーゼ」だね。
個人的に一番気になる住宅スタイルだので・・・。
その前においどんがアイダ設計の建売に期待していた内装設備について。

・二重窓・サッシに結露対策があるかどうか
・防犯などのセキュリティ対策
・ウォシュレットなどの機能トイレ
・収納の豊富さ
・床暖房
・手入れのしやすいシステムバス
・システムキッチン
・通気性の良さ
・断熱性の良さ
・内装全体の丈夫さ、汚れにくさ、手入れのしやすさ
・内装のデザインの美しさ

どうせ家を買うなら、ちょっとオファーが細かいようだが、これくらいを求めたいところだね。
一生物だから、後悔はしたくありませんので・・・。
ただ、なるべくなら安いほうがよいのも事実だので、アイダ設計がこの条件のどれくらいを満たしているのかが気になったのだ。

お役立ち 関連情報

9月6日に開幕する北京パラリンピックに出場する日本選手団の第1陣106人(うち選手52人)が30日、北京入りした。 1日には選手村の入村式が行われる。 新党に参加するため民主党に離党届を出した姫井由美子参院議員(49)=岡山選挙区=が29日、一転して離党撤回を表明した。「姫のご乱心」に振り回された地元有権者らは、あっけにとられている。 岡山市の会社員男性(36)は「あの人は何がしたいのか分からない。自分のためだけに行動しているとしか思えない」と冷ややか。 日本列島は日本海上空の寒気に南東から湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、三重県の鳥羽で時間雨量72ミリ、神奈川県の辻堂で60・5ミリを記録するなど、30日も東北から西日本の広い範囲で局地的に50ミリを超える大雨となった。 31日朝にかけても大気の状態が不安定で、1時間で80ミリを超える猛烈な大雨になる地域もあると予想され、気象庁は土砂災害や河川の増水、浸水に警戒するよう呼び掛けている。日本列島は30日も、東北から近畿にかけて局地的な大雨となった。気象庁は31日朝にかけても1時間に30−50ミリ、所により80ミリを超す猛烈な雨や落雷、突風の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。 当初提示されたTOB価格について、低すぎるとの見解を表明していたユニオンバンカル(UNBC)の社外取締役で構成する特別委員会は、新しい価格の受け入れをユニオンバンカルの取締役会に提案した。同取締役会はこの提案を受け、完全子会社化に向けた契約書を承認すると同時に、少数株主に対してTOBに応募するよう求めることを決議した。これにより、TOB価格をめぐる三菱UFJと特別委との交渉は一転決着した。